パート紹介


Violin

こんにちは!ヴァイオリンパートです!
ヴァイオリンはオケの中で主旋律を担当することの多い、オケの花形です☆また一方で、オケに厚みを加える素敵な内声を担当することも多く、様々な場面で大活躍なパートです!
それに、ヴァイオリンは弾いている姿がかっこいいので是非注目してみてください!
私達は現在、現役21名+OBOGさんの個性溢れるメンバーで活動しています。私達の演奏を耳でも目でも楽しんで頂きたいです。
そして、今回2曲目に演奏する仮面舞踏会では我らがコンマスのソロがあります。皆さん、酔いしれてください。

Viola

オーケストラの内声を司る、潤滑油的存在。
ヴィオラがいないオーケストラは、つなぎを加えていないハンバーグ。
本日は、カプリオール組曲、組曲『仮面舞踏会』、「新世界より」のつくばフルコースをおいしくご提供できるよう、びよらーずは東奔西走、縦横無尽に駆け回ります。

Cello

座っていても楽じゃない
低音だけど地味じゃない
おいしいところは簡単じゃない
チェロだって、色々がんばってる

立てば旋律座ればリズム
みたいな感じのチェロパート
大きな弦楽器の小さな奮闘記をご覧にいれましょう
現役8人一生懸命演奏します
ぜひご笑覧あれ

Contrabass

コントラバスは身長約180cm、体重約10kgのヴァイオリンの大きなおばけです。
よく低い声で歌います。見かけたら怖がらずに声をかけてあげてください。

Flute

木管楽器の一種。リードを使わず、息のみで音をだすエアリード式の横笛である。
管弦楽や吹奏楽では花形楽器と呼ばれることもあり、奏者数はピアノの次に多いと呼ばれることもある。
にもかかわらず、どういう風の吹き回しなのか当団の現役フルート吹きの数は少なく、我々は頭を抱えた。
もしもこのコーナーが「パート紹介(現役のみ)」だったらもはやFluteパートではなくFilataパートにしても差異がなくなってしまう・・・。
そこでつよいOBOGの方々に懇願し、お力を借りることに成功。今回はその方々にもご協力いただき、
精一杯演奏しますのでその音色に耳を傾けてみてください。

Oboe

オーボエは、艶やかで哀愁を帯びた音色が特徴の木管楽器で、多くの作曲家から美しい旋律を与えられた、オーケストラの華とも言える楽器です。
新世界よりの2楽章では、素朴な音色が特徴のコーラングレという楽器に持ち替え、有名な「家路」の旋律を演奏します。

ここで、拗らせがちなオーボエパート員の会話をご紹介。
K「新世界の神となる」
Yちゃん「華の『女子大』生になりきりたい」
Aさん「okちゃんだよ~」
K「まつ毛が目に入って痛いので全部剃りたい」
Yちゃん「終電が逃げたぞ!追え!」
Aさん「今夜は帰らせない」

Clarinet

クラリネットパートは3年生2人、2年生2人の4人の現役と、時にはOB・OGも交えて仲良く楽しく活動しています。
現役4人中3人はメガネまたはコンタクトを常時着用している視力の悪い私たちですが、譜面の読み間違いには気をつけています…
今回の演奏会では「仮面舞踏会」、「新世界より」のどちらにも見せ場があります!
ソロやメロディから伴奏まで、みなさんに楽しんでいただけるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

Bassoon

ねぎちゃんありがとう、まりちゃんありがとう、偉大なる先輩方ありがとう。
みんな、ファゴットにハマってくれてありがとう。
「あー、ファゴットパートでよかった?」
どうも、効率的な練習ぶり、充実したオケ生活…ファゴットパートです!
今回の写真は、今ブレイク中のブ●ゾ●ち●みを意識して、偉大なるMr.TakahashiとWith G(Girls)の三人で撮ってみました。
ファゴットは曲中のソロやメロディ、伴奏といった様々な場面で活躍するとっても魅力的な木管楽器です。
「新世界より」ではファゴットのソロが盛り沢山です!是非ひな壇後ろの長い棒に注目してみてくださいね。
我々With Gがファゴットのユニークな音色を皆さんにお届けいたします!

Horn

突然ですがホルンと聞いてあなたは何をイメージしますか?
「あ~あのカタツムリみたいな楽器ね」と言われることが多い我々ですが、ホルンってとっても魅力的な楽器なんです!
ある時には美しいハーモニーでオーケストラを包み込み、華やかな旋律を響かせたかと思うと力強いファンファーレで聴く者を奮い立たせる…そんな引く手あまたなホルンは数多くの作曲家から愛されてきました。
今回ホルンはどんな活躍を見せるでしょうか?どうぞあなたの耳でお確かめください。
 

Trumpet

いつも元気なトランペットパートです!!!
トランペットは説明せずとも皆さんご存じだと思います。様々な音楽シーンで使われていますよね。
オーケストラの中では出番こそ多くありませんが、その分華やかで輝かしい音色は大きな存在感を放っています。
現在は少数精鋭で頑張っているトランペットパート。今日もご飯をしっかり食べて演奏します。

Trombone & Tuba

とろちゅーパートは2年生3人に3年生1人、今回の演奏会では4年生の先輩1人にも参加していただき、計5人で日々練習をしています。
写真の通り、男女比は2:3。数年前まで男性多数で女性が少なかったのですが、ついにいわゆる女子会のようなことも開催されるようになりました。
普段あまり写真を撮らないので、同じパートになって約1年、春合宿にして初めて現役で並んで写真を撮りました。持っていたのは楽器ではなくソフトクリームですが…。
メンバーそれぞれなかなかに個性が強く、まとめて1つの言葉で表現することはできないようなパートです。それでも楽しく過ごせるのは、みんな同じように音楽が好きだからだと思ってます。
ぜひ我々の音にもしっかり耳を傾けてください!

Percussion

パーカッションは「ここぞ!」というときにオーケストラに華やかさを加えたり、ただ一音しかない出番で曲の雰囲気をがらりと変えたりと、その役割は様々です。
仮面舞踏会で鍵盤打楽器をはじめ沢山の種類の打楽器が登場するように、演奏する楽器も様々です。パーカッションパートの個性豊かなメンバーは、先輩後輩仲良く、より良い音楽を作るために、活発に意見を出し合いながら日々練習を重ねています。
今回の演奏会ではその3人の団員に加え、顧問の佐藤先生、トレーナーの伊沼先生も含めた5人でより豊かなサウンドを皆さんにお届けします。
舞台の最後列も注目してみてください!