当団について

プロフィール

 1974年創団。現在団員100名を数え、筑波大学内では最大規模を誇る課外活動団体の1つである。 春・秋に定期演奏会を、冬にプロムナードコンサートを開催し、活動の中心としているほか、 各パート・セクションでのアンサンブルコンサートやソロコンサート、依頼演奏などの活動、大学・大学院の卒業式・入学式における奏楽も行っている。 常任指揮者を置かず、定期演奏会には内外で活躍中のプロの指揮者をお招きし、 また、団員の演奏技術・音楽性の向上のため、各パート・セクションでトレーナーのご指導を受けている。
 2011年秋、第70回定期演奏会を迎え、つくば・東京にて2都市公演を行い、また2014年秋には、創団40周年を記念し、つくば・葛飾の2都市にて定期演奏会を開催。 現在、より良い音楽を追求しながら、地域の音楽文化のさらなる発展に貢献しようと団員一同精力的に活動している。

概要

名称
筑波大学管弦楽団
University of Tsukuba Orchestra
団員数
約100名
顧問
佐藤 聡 先生
筑波大学 学術情報メディアセンター 准教授
団長
井上 桃伽 (Perc.)
工学システム学類
所在地
〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
活動状況
年2回(春・秋)の定期演奏会
プロムナードコンサート
各アンサンブルコンサート
入学式・卒業式式典演奏
           など
基本方針
 筑波大学管弦楽団は、練習・演奏会・その他の活動を通して、 団の演奏技術の向上・団員間の親睦を深めることを目的とし、 より良い音楽の演奏を通して、地域の音楽文化に寄与せんとする。